チャーリーぶろぐん~いろえろ話題わんさか!いまここにアセンションプリーズ!!~

更新履歴

スピリチュアル・音楽(ミスチルLOVE)・カラオケ(DAM☆とも)・歴史(日本)・テレビドラマ・アイドル(AKBとか)なんでも話題にします!
さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方は こちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

覚醒の輪 

スピリチュアル

いまここから・・・

昨日、スターピープルの最新号が送られてきました。

その中で、イギリスで「スピリチュアル心理学」という観点からセミナーを
開いている溝口あゆかさんとの対談が載っています。

溝口さんは最近覚醒体験を迎えたそうで、出版社さんが「覚醒対談」なるもの
を企画してくれました。

翻訳家の山川紘矢さんからfacebookで、この対談記事がよかったと言ってもら
えて、読みなおしてみたら、いくつか大切なポイントが語られていると思いました。

全部紹介したいのですが、まだ発売前ですので、後半の一部だけ転載させて
もらいます。

「Star People」2012 Autumn Vol.42 「特集・予知能力を高める」

—— 阿部さんの読者やセミナーの参加者は、どれくらい意識が目覚めている
のでしょうか。

阿部 わかってきた人は多いですよ。

これは確実に増えていくでしょうね。

さっきのガイアの話も面白かったですが、要は波動、地場が上がってきている
んじゃないでしょうか。

あるいは愛のレベルに近づいているか。

僕は場の力のような、そういうものが影響しているような気がしてならない
んです。

溝口 わたしたちのDNAも変化して、スペースが広がっているらしいです。

私の生徒さんたちにも、今年に入ってから急に、目覚めの話に興味をもつ人が
増えています。

阿部 アメリカでは60年代から、ヒッピームーブメントなどの影響で精神世界に
触れた人たちがたくさんいて、その歴史も古いし、精神世界を深めていった人た
ちの絶対数も、日本よりずっと多いと思います。

ただ、国民規模で平均的に理解のレベルが上がり、社会が変わって、それを
世界に発信するようになって⋮⋮というのは、日本がやるんじゃないかなと
思っています。

ちょうどいま、原発の問題がありますが、世界にとっては注目すべきことなん
ですよね。

超先進国の日本が、原発なしでどうやっていくのかということが。

電力をどう使うかという分配の話だけではなく、人間の幸せはいったい何な
のかという問いから始まって、社会全体が変わっていく、その最初の国に
なっていくんじゃないかと思うんです。

溝口 日本は私が住んでいるイギリスからみると、私欲が低い国に感じます。
そういう意味で、いま阿部さんがおっしゃったことは、十分あり得ると思い
ますね。

阿部 DNAレベルのものもあるでしょうし、震災のような大きな出来事の影響も
あるでしょうね。

僕はあらゆる出来事は、人の目覚めを促すために起きていると思っています。

宇宙の営みの目的は、そこにしかないと思うから。それを直接言うと誤解される
ので、あまり言わないようにしているんですけどね。

溝口 残念なことに私たちは、人生が楽しいと、真実を知りたいって思わないん
ですよね。

阿部 そうです、その通り。


目覚めの輪が広がっているのは確実のようです


スポンサーサイト

▲PageTop

恋と愛 

日記

恋には「心」が下にあります。だから下心があります。

愛には「心」は真ん中にあります。だから真心です。

面白いですね!

漢字もそんな意味を知っててつくられたのでしょうか

さだまさしの歌に「恋愛症候群」というのがあります。

恋は必ず消えていくと誰もが言うけれど

二通りの消え方があると思う

一つは心が枯れてゆくこと そしてもう一つは

愛というものに形を変えること


恋は惜しみなく奪う 愛は与え続ける

だから恋愛ってしてしまうんでしょうね

そしてみんな与えることを覚えていくのです・・・

▲PageTop

いまここから・・・ 

スピリチュアル

僕は迷うことなく快諾しました。

というより、そうなることを望んでいた・・・そうなることを
知っていたのです。

物語「かんながら」の中では、突然の申し出に仰天し、しばし考え込む
シーンが出てきますが、あれはストーリーに信憑性を持たせるために
書いたものです。

事実は小説より奇なりと言いますが、実際には宮司と会った瞬間から、
天河神社と深くかかわることになるという直感がありました。

だから温泉に彼が現れたとき、彼が僕に何を話しに来たかも分かった
のです。

何故そう思ったのかはわかりません。

僕には強い霊感もありませんし、こんな話をしていますが極めて普通の
男です。

でも時々、先が見えたり、人の心が読めたり、導きの声が聞こえたり
します。

あれ?これって霊感?


最初に小さな気づきがあり、すぐさま現役活動を引退して悟りを追い
求めたときから、何者かになりたいとか、成功を手にしたいとか、
現世的な欲求は消えていました。

見性体験が起きた後は、残された母のために経済活動をすることが必要
だったのでレコード制作に携わりましたが、そのときも心動かされるよ
うなことは一つもなく、自分の内側で逆転してしまった価値観を抱えな
がら、周囲の人たちに合わせていただけでした。

僕もある出来事が起こったとき、シンクロしたとき、
「そうだったのか」
と感じることがよくあります。
これって霊感?

▲PageTop

前田敦子卒業 

アイドル

いよいよこの日が来たという感じです。

今朝のスポーツ紙の一面はあっちゃん卒業一色って感じでした。

通常2時間半くらいの劇場公演が3時間。

最後の曲の前、何人かがあっちゃんにはなむけの言葉&ハグ

そんな中でさしこは「卒業しても服をください・・・」

笑わせてくれます

彼女たちが切磋琢磨していけるのは、共通のがあるから。

東京ドームは涙だったけど、昨日は終始笑顔でした。

1830mの夢をかなえた彼女は今飛び立つ

君は僕だ [Act 1]【アマゾン限定オリジナル特典生写真付き】君は僕だ [Act 1]【アマゾン限定オリジナル特典生写真付き】
(2012/06/20)
前田敦子

商品詳細を見る

▲PageTop

服をください・・・ 

アイドル

さしこはかましてくれます

ついさっき、あっちゃんの最終公演が終了しました。

最後にメンバーが一言ずつあっちゃんに声をかけていくなかで・・・

さしこが言った言葉・・・

「卒業しても服をください・・・」

笑っちゃいました。さすがさしこだなって

この続きは明日書くことにします。

とりあえず、さしこが面白かったので・・・

▲PageTop

いまここから・・・ 

スピリチュアル

タクシーに乗るたびに、運転手さんに聞いたことがあります。

「その日に限って、ある特定の地域に何度も行くことはありますか。しかも
普段は行くことのない地域です」

すると、実に多くの運転手さんが、思い当たると答えてくれました。

生活の中でも、なぜか同じ方面に何度も足を運ぶことがあります。

どうしてそのようなことが起こるのかわかりませんが、何かの意味がある
ような気がしてなりません。

僕は好奇心旺盛なので、偶然の一致が起きたときは、その意味を調べてみたく
なります。

あの時も、そんな軽い気持ちでした。

天河神社は奈良県の奥吉野、周囲を山々に囲まれた村の一角にあります。

東京から京都に出て、そこから近鉄特急で橿原神宮前、さらに鈍行に乗り換え
て下市口で下車。

そこからバスで1時間半かけて天川村河合のバス停に到着。

さらにそこから徒歩30分ほどでやっと天河神社に着きました。

いまはトンネルができて、バスの所要時間も短縮されましたが、いずれにせよ
簡単に行ける場所ではありません。

よし行こうと思い立ったとき、紹介してくれた友人の一人が、

「天河は、行ける人しか行けないんだ。どんなに行きたくても行けない人は
突然行けなくなる」

と言っていたので、それがさらに僕の興味を掻き立てたのだと思います。

ちなみに村の名前は天川村、神社を表す時は天河神社と書きます。

平成元年当時、すでに一部のスピ系の人たちの間では、天河神社のパワーが
評判になっていて、YMOの細野晴臣さんが「天河は霊能者の六本木だ」など
と言っていたくらい、その種の人たちで賑わっていたようです。

初めて鳥居をくぐった時、建て替え中の本殿からご神体を移した宝物殿が仮の
本殿になっていて、開け放たれた神前で、一人の神主が祝詞をあげていました。

その時は参詣客が誰もいなかったので僕は仮本殿の前で一人たたずんでいました。


祝詞を終えた神主が、ふと振り返り

「どなた様ですか?」

と尋ねるので、ここに来た経緯を簡単に話しますと、


「背後にとても美しい存在を感じていたので、どなたなのかと思いました」

と答えました。

その言葉にすっかり気をよくした僕は、社務所でお茶を飲みながら神主と
話し込みました。

聞いてみれば、神主は僕と同じ35歳。

7年前にこの地を訪れ、すっかり魅せられて神社の手伝いをするうちに、
いつの間にかこのような立場になっていたとのことでした。

彼は、この土地のパワーだけではなく、神社の宮司に特別な魅力を感じた
ようで、何度も宮司の話をしてくれました。

「その宮司さんは、いまどこにいるんですか?」

と聞きますと

「いま、七福神のご祈祷で四国に行っておられます」

と言います。

「え?七福神?」

「そうです。宮司が七福神全員のご祈祷をするのは初めてのことで、
何かの始まりを感じているんです」

と言うので

「実は僕も、七福神というバンドのプロデュースをしていて、あはは、
まあ大した話じゃないですけどね」

と答え、その話はそこで終わりました。

まさか七福神という名前が、その後の僕の人生に大きな影響を与える
ことになるとは思ってもみませんでした。


タイトルが「放浪記~」と連続ものなので、「いまここから・・・」
という表現になってしまいます


▲PageTop

高みなソロ?ゆきりんキスシーン? 

アイドル

話題が連続しちゃってすいません。。。

だって、今回のコンサートはサプライズしまくりなので・・・

またソロデビューが決まったようです。

高橋みなみです。

板野友美から始まって・・・もう何人目だっけ

それとこの前ソロデビューが決まった柏木由紀。

PVのキスシーンに会場がどよめいたようです

今日は最終日なので、さらにサプライズが起こりそうです・・・

▲PageTop

AKB48初東京ドームコンサート&組閣発表 

アイドル

なんと~サプライズです

まるで政治家並みです。

昨日、念願の東京ドームコンサート初日終盤にサプライズ発表があったようです。

チーム4がなくなり、もとの3チーム制になるとか移籍や兼任・・・

あまりに多すぎていちいち書くと大変なので、コピペします

◇チームA(22人)
・高橋みなみ(AKB48グループ総監督)、篠田麻里子(チームAキャプテン)、
岩田華怜 、伊豆田莉奈、入山杏奈、大島涼花(研究生から昇格) 、河西智美 、
川栄李奈、菊地あやか 小谷里歩(NMB48チームN兼任)、小林茉里奈 、
佐藤すみれ 、佐藤夏希 、高橋朱里 、田野優花 、中塚智実 、仲俣汐里 、
仁藤萌乃 、松井咲子 、森川彩香 、横山由依 (NMB48兼任)、渡辺麻友

◇チームK( 23人)
・大島優子 (チームKキャプテン)、秋元才加 、阿部マリア 、板野友美 、
内田眞由美 、北原里英 (SKE48兼任)、倉持明日香 、小林香菜 、
佐藤亜美菜、島田晴香 、鈴木紫帆里 、近野莉菜 、中田ちさと 、仲谷明香 、
永尾まりや、藤田奈那 、前田亜美 、増田有華 、松井珠理奈 (SKE48
チームS兼任)、松原夏海 、光宗薫 (研究生から昇格)、宮崎美穂 、
武藤十夢(研究生から昇格)

◇チームB(23人)
・梅田彩佳 (チームBキャプテン)、石田安奈(SKE48チームKII兼任)、
石田晴香 、市川美織 、岩佐美咲 、大場美奈 、大家志津香 、柏木由紀 、
片山陽加 、加藤玲奈 、小嶋陽菜 、小嶋菜月 、小森美果 、島崎遥香 、
竹内実宥、田名部生来 、中村麻里子 、名取椎菜 、野中美郷 、藤江れいな 、
峯岸みなみ 、山内鈴蘭 、渡辺美優紀 (NMB48チームN兼任)

◇グループ移籍
・多田愛佳⇒HKT48へ移籍
・高城亜樹 、仲川遥香⇒ JKT48へ移籍
・鈴木まりや、宮澤佐江⇒SNH48へ移籍

今までなかった海外移籍組の心境はどうなのでしょうか

そこが一番気になります

ギンガムチェック(TypeA)(通常盤)【多売特典生写真付き】ギンガムチェック(TypeA)(通常盤)【多売特典生写真付き】
(2012/08/29)
AKB48

商品詳細を見る

▲PageTop

脱原発のこと 

スピリチュアル

いまここから・・・

原発ゼロの可能性が出てきました。

数年前にこのブログで原発反対を表明したら、たくさんの異論反論が
寄せられましたが、いまは世論も大きく変わってきました。


選挙を前にして、各政党も脱原発の声を無視できなくなってきたようです。


今回の運動は、同じ土俵上の是非論ではなく、国民の価値観が大きく
変わってきたことの象徴のように見えてなりません

原発ゼロを叫ぶ人たちの多くは、電気料金が上がっても、節電を強い
られても、景気が悪化しても、国際競争力が落ちても、そんなことより
「後世に残す世の中から原発を無くすんだ」という思いで行動しています。


一方、推進派の人たちには、脱原発の叫び声が、理想主義者の夢物語に
聞こえています。


しかし推進派の皆さんの話は、わかりにくいところが多いですね。

今年の猛暑だって、なんとか乗り切れたのだから、これ以上の原発を
再稼働しようとする理由を勘ぐられても仕方ありません。

さて、このまま脱原発が実現すれば、世界に大きなメッセージを送る
ことになります。

人間は何を優先すべきなのか、その一端を示すことができます。



日本が先駆けとなって、物質文明を超えた未来社会を作り出して
いきたいものです。



未来社会とは何か。

いずれにせよ、今年は大きなターニングポイントの年になりそうですね。


非常にナイーブな問題ですよね。。。

▲PageTop

いまここから・・・ 

スピリチュアル

目の前に、公園の芝生が広がっています。

見えている広々とした空間は、外側に広がっているのではありません。

その空間は僕の意識の中に存在しています。

というよりも、その空間を含めて、そこに見えるもの、聞こえる音、肌に
触れる感触、それらすべてが僕の意識が振動することで現れています。


一羽の鳥が飛び立ちました。

その瞬間、僕は鳥になっています。

風が吹けば、その風は僕です。


すべては僕なのですが、それを認識する自分は消えています。

全体だけが存在し、切り離された自己は存在していません。


頻繁に訪れるそのような感覚は、我々が一から十まで自分本位の思考に
よって現実を決めつけていることを教えてくれます。


時間など存在していません。

過去も未来もなく、「あれが起きたから、いまこれが起きている」と
いうようなストーリーも存在していません。

まさにいま、新しい何かが生まれ続けている、ただそれだけです。


そんな感覚を携えながら、現象界を生きることの難しさに戸惑い、
それでもなんとか辻褄を合わせていくことができました。


このプロジェクトが、なぜスムーズに展開しなかったのか答えは簡単です。

それが神の意志、全体の意志だからです。


大局から見れば、ただ起こることが起きていたということになります。

そこに期待をはさみ、あるべき姿に固執した分、それぞれの人たちが
大変さを感じただけです。

このような解釈が、事態を悪化させていったという話をしましたが、同時に
このことは真実で、何事も成るようにしか成らないのです。


結局は二年くらいの日々を、七福神プロジェクトに費やすことになりました。

この二年間は、人生で最も困難な時期でしたが、困難が苦悩に変わるのでは
なく、ただ淡々としていられたのは、同時に違う次元を生きていたからだと
思います。

もし20代の頃だったら、途方に暮れていたことでしょう。


さて多くのことを学んだプロジェクトでしたが、僕にはもうひとつ重要な学び
が残されていました。

それは後になって分かったことですが、やはり必要なことが必要なタイミングで
起きてきたと思います。

僕たちの人生がシフトするときは、とても分かりやすい方法で、何かに引き寄せ
られることがあります。

それが特定の場所だったり、人だったり、瞑想のようなメソッドだったり、
自分の意志を超えて、いつのまにか出会っているのです。


この時の僕にも、そういうことが起きました。

一週間のうちに3人もの人が、とつぜん遠方にある神社の話をしてきたのです。


それも熱心に、その神社を訪ねるよう僕に勧めます。

それまで一度も耳にしたことがなかった場所を、短期間に複数の人から紹介
されるというような、いわゆるシンクロニシティーが起きた時は、その背後
に何らかの見えない意図が存在しています。

いわゆるシンクロを感じた時はGOサインです

▲PageTop

AKB48東京ドームコンサート 

アイドル

AKB48の念願だった東京ドームコンサートがいよいよ
明後日から始まります。

相当な動員数となることでしょう。

これに先がけて、去年に西武ドームでコンサートしてますが、
DVDなどでも見た方はいらっしゃいますか?

この模様はBSで放送してたので見たんですが・・・

プロの根性というものを垣間見た気がしました。

特に27日に卒業が決まっている前田敦子。

途中過呼吸になったり担架で運ばれたりと、もう歌って踊るなんて
とても出来ない状況なのに・・・

フライングゲットの曲がかかった時・・・

彼女はセンターに立っていました。

正直「すごい!」って思いました。

偏頭痛になるとすぐに休んでしまう自分とは大違いだな、

まさにプロ根性だなと

ギンガムチェック(TypeB)(通常盤)【多売特典生写真付き】ギンガムチェック(TypeB)(通常盤)【多売特典生写真付き】
(2012/08/29)
AKB48

商品詳細を見る

▲PageTop

いまここから・・・ 

スピリチュアル

ありとあらゆる喜びと、一切の疑問が消え去った瞬間の感覚は、まったく
色褪せることがありません。

その体験は、とてつもなくリアルです。

いまこうして通常の世界を生きていることが、単なる「夢」「幻」であるか
のようです。

何十年も経ったいまもなお、その感覚は色褪せることなく続いていて、
もはや自分の一部となっています。

あの頃は、そんな感覚をどう生きたらいいのかわかりませんでした。

社内で楽曲のプロデュースをしていたころは、制作だけに精を出していれば
よくて、様々な責任が分散していたことで、その場しのぎに対応していれば
なんとかなりました。

しかし独立してお金が回り始めると、全責任が向かってきます。

けじめをつけたり、舵を取ったりが必要になるわけです。

にもかかわらず、現実に起きていることへの実感が、いまいち持てません。


「何が起きても、そうなるならなったでよし、たいしたことじゃない。

何かが起きたとき、その出来事をどう捉えるかはその人次第で、出来事自体
にはいいも悪いもない。

したがってなんだって同じなんだ

おまかせだ。

どうなろうと、僕の知ったことじゃない」


だったら最初から何もしなければいいのですが、一時の熱情に駆られて、
やりたいだけやっておいて、現実が混乱してくると、「知ったことじゃ
ない」なのですから、関係者にしてみれば迷惑千万の話です。


「無為にして為す」

老子のこの言葉にどこか影響されていたのでしょうか。



なにかをしようとすると


「それは自我だろ?」

なんて声がするのです。


「覚者は何もしないんだよ、事は起きているんだから」

という声が、何かにつけて出てくるようになりました。



まるで自らの中にある、覚醒意識からのメッセージのようです。


でもこれこそが自我のトリック。


自我は何でも自分の一部にしてしまい、無自我を装うこともします。

自我を批判し、自我を超えようとさえします。

覚者にもなるし、聖者にもなります。


そして言うのです。

「私は悟っている」


色褪せない、宇宙的体験の印象が残っているので、この言葉が
真実味を持ってしまうのです。


このころの経験があるので、精神世界を歩み始めた人への警鐘を、
事あるごとに鳴らしてきました。


それは僕自身への戒めも含めて、これからも発し続けていきたいと
思っています。


自分も自我のトリックにはまっているような気がします・・・。

▲PageTop

いまここから・・・ 

スピリチュアル

昨日のミルキー☆さんのコメントに

黒斎さんとの『降参(サレンダー)のすすめ』を小6の甥っ子に読ませて
あげたかったのですが、一部過激な部分があり断念(笑)

とあるのを見て、「そうか」って思いました。


本のよさは、買った人が周囲の人に貸すことで、読む人が増える可能性が
あることですが、過激な単語が一つあるだけで、貸しにくくなってしまう
のは残念ですよね。


あの箇所をあえて冒頭に書いた理由は、性についての先入観と罪悪感が、
自己否定につながっている場合が多いからです。

性への衝動を克服することが、意識を高みに上らせる条件でもあるかの
ように思っている人もいます。

でも自然の力は強大で、そのような試みに勝ち目はなく、衝動への抑圧が
不自然な人格を作り出したり、一時は克服できたような気になっても、
何年もした後にまたひょっこり顔をだし、途方に暮れるという人もいます。

そもそも性欲は克服対象ではありません。


なぜこのような誤解が蔓延してしまったのでしょうか。

理由のひとつは、性の乱れが多くの社会問題を引き起こすので、様々な
意識レベルが混在する社会では、一定の教えが必要になり、そのことが
「性欲=悪」のようなイメージを抱えることになったのだと思います。


宗教的な理由もあります。

ひとつの欲望や衝動を抑圧し続けることで、ある種の霊的インスピレー
ションを得ることが可能で、それがBrahmacarya(ブラフマチャリア・
禁欲の修行)として定着した歴史があります。

伝統によっては、のどの渇き、食欲、睡眠などを抑圧するものもあり、
それなりの成果を上げていたようです。

しかし、霊的なインスピレーションを得た後も、自然の力(性欲・
食欲など)は残り続けます。

このあたりの混同が、精神霊的な道を歩む者は性を克服するべきだという
観念に繋がっていったのだと思います。


性に対する罪悪感は、すでに多くの人の中にあるので、自らのそのような
面を見せないことが支持につながると考えるカリスマも少なくありません。

性欲は生命の根本的衝動なので、人が一度抱えてしまった観念を書き換え
るのは極めて難しく、この分野に踏み込む人は代償を覚悟しなければなり
ません。

でもそろそろ、タブーをタブーとしたままにせずに、みんなが正直になる
ときが来ている気がします。


さて、話を戻しますが、こうしてブログに書かせてもらったことで、修正
すべき点がわかりました。

なにも、オ○ニー(いまさら伏字ですか?)なんて書かなくても、性欲と
書けば真意は伝わりますよね。

向さんとのやりとりは、あの言葉使いが事実ですが、少し手を加えてみれば、


「禅僧も悟った後、性欲はあるの?」


「そりゃあ、あるら」


になります。



こっちのほうが、他人に本を貸す時の抵抗が減りますね(^o^)

再度、検討してみます。


阿部さんは結構○○○○の話題が好きみたいですね


▲PageTop

球児の夢散る 

日記

地元の高校が敗けてしまいました・・・

やはり優勝旗を持ち帰ることは出来なかった・・・

今一つハングリーではないというか・・・

頑張って欲しかったんだけどな~

▲PageTop

兵どもが夢のあと・・・ 

日記

オリンピックが終わって8月も後半。

もうすぐ夏休みも終わりますね

4年に一度のオリンピックが終わると、なんか気が抜けたような・・・

でも、いろいろこれからイベントもあるし

これからカラオケ行ってきます

みなさんはいかがお過ごしですか

▲PageTop

あっちゃん、Mステ最後の出演 

アイドル



昨日のミュージックステーションにAKB48が出演し、前田敦子が卒業前に
AKBとして最後の出演となりました。

フライングゲット、ポニーテールとシュシュに続いてコメントしたあと初公開の
「夢の河」という曲を涙でちゃんと歌うことが出来ませんでした

無理もないでしょう。やはり6年間の思い出が走馬灯のように・・・

このあと東京ドーム公演を終えて、27日に劇場でほんとに最後の公演となります。

やっぱり、かわいさは抜群のものがあるだけに残念ではありますが、

ソロで頑張っていくことでしょう

あっちゃんの未来に幸あれ

▲PageTop

一度も負けないチーム 

日記

地元の高校がまた勝ちました~

あと二つか三つ勝てば、念願の初優勝となります。

今回は打ちましたね~

なんか、僕の地元わかっちゃいそうですよね。

でも、ほんとに優勝旗を持ち帰って欲しいです

一度も負けないチームとなれるよう頑張れ~

▲PageTop

エゴに打ち克つには 

スピリチュアル

結局僕らがいつも悩まされているもの・・・

このエゴに打ち克つ方法は・・・

結局考えないことだと思います。

考えない練習という本もあります。

考えない練習考えない練習
(2010/02/09)
小池 龍之介

商品詳細を見る

▲PageTop

いまここから・・・ 

スピリチュアル

あの頃、なぜ頑ななまでに、自分が体験したことを人に伝えようとしたのか。

自分が触れた真実を、なぜ語りたかったのか。


それは、人が高い次元に目を開いたとき、初めて根本的な救済があり、人生を
生きるということが義務ではなく歓びに転じるからです。

そのような人が増えたとき、この地上に楽園が訪れると確信したからです。

地上の楽園は、物質的な豊かさや、科学の進歩だけでは実現しません。

ある程度の豊かさは歓迎ですが、最も大切なのはその地上を生きる一人一人
の意識です。

意識が自我と同化しているのか、それとも本質を生きているのか。

社会全体が、法律や規制によって秩序を保っているのか、それとも個々に内在
する根源的知性によって、調和が保たれているのか。


根源的知性とは、「愛」のことです。

愛があれば、法律も道徳も不要です。


僕たち人間は、すっかり社会に取り込まれてしまいました。

子供のころから、どのように生きるべきかという観念を植え付けられてきました。

やがてお互いを見張りあい、形式を重んじ、表面上の見せかけを繕うことに
エネルギーを消耗し、心の底から躍動するような生気を失ってしまいました。


そんな人たちに真実の自己を呼びかけることで目覚めのきっかけになれたらと
真剣に思ったのです。


それはいまも変わりませんが、あのときはそれを音楽でやろうとしました。

それしか他に方法を見つけられませんでした。


しかし、もと芸能人崩れの男が、表だって何かをやろうとすれば、また有名に
なりたくて何かの活動を始めたくらいにしか思ってもらえません。

何をしても売名行為のように見られてしまいます。


そこで、裏方に徹することで、必要なメッセージを世に出していこうと
考えました。

自分の代わりにメッセージを発信してくれるパフォーマーが必要だと
思いました。


いま振り返ってみると、伝えたいという気持ちが前のめりになっていて、
十分な視野を持ち合わせていませんでした。

メッセージを伝えることは自分に与えられた役目だという思いが強すぎて、
完全に前のめりになっていたと思います。

それくらい、目覚めの体験は衝撃的だったのでしょう。

自分の残された人生は、このことを伝えていくためにあると強く思ったのです。

まるで未開の地に赴く宣教師のような心境だったと思います。

そのために自分がどうなろうと悔いはありませんでした。

たとえ人から石を投げられ、社会を追われたとしても、着の身着のままに
なって、そのとき残された方法で、最後の瞬間まで真実を伝えていたいと
思っていました。

決してヒロイズムではなく、純粋にそう思っていたのです。

いまさら書くのは気恥ずかしいですが、書かせてもらうことで、再確認
できることが多いです。

このような場を、ありがたく思っています。


阿部さんが「いまここ」を始めたきっかけなのだと思います







▲PageTop

蜩(ひぐらし)がないている 

日記

今朝6時前に目が覚めてしまって、トイレに入ると・・・

油蝉の鳴き声に混じって「カナカナカナ」と聞こえました

そうです。ヒグラシです。

まるで、オリンピックの終わりを告げているかのようです

ヒグラシといえば夕方に竹がそよぐ音に混じって聞こえるのが

風流で・・・

昔からすごい好きです。癒されます。

やはりヒグラシは、朝より夕方のほうが涼しさを感じられます

そんな今日、なんで雨なんでしょう

▲PageTop

ペルセウス座流星群 

日記

昨日の夜、ペルセウス座の流星群がピークだったようですね

僕も急遽「堂本兄弟」を挟んで1時間くらい北の空を見てました。

時折雲が流れて、絶好の視界ではなかったのですが・・・

ひとつだけ、結構明るくて太い流れ星を一瞬見れた気がします。

なんかその時「シュッ」と音が聞こえた気がするんです

1時間に数十個見れると書いてあったのですが・・・

どうやら1個だけだったようです

でも、3つくらいの願い事を思い浮かべてました。

そしてすぐ眠りにつきました

同じように見ていた人はいたでしょうか?

お願い事はしましたか

夏の日の浪漫ですね~

▲PageTop

熱闘 甲子園! 

日記

地元の高校が甲子園で1勝しました~

実は甲子園で優勝したことないんですよ~。

今回は2回戦で負けたりしないで、ぜひ優勝して優勝旗を

持って帰ってきて欲しいと思います。

娘もピアノの甲子園に行くことが出来ました~

みんな頑張れ~

▲PageTop

ZIPPEI兄弟死ぬ!? 

日記

日テレでおなじみの犬の兄弟が死んでしまったようですね

熱中症みたいですね

テレビで見たことがなかったので、娘にも怒られましたが・・・

犬だけでなく、人間も暑さには気をつけないとですね

あと少し、頑張りましょう

▲PageTop

思いは実現する 

スピリチュアル

いまここから・・・

思いは実現するという言葉があります。

僕はこの言葉が真実だということを何度も経験しています。


その中には、意識の究極体験も含まれています。


僕たちの念が、現象界に影響を与えていることは疑う余地がありません。

それなのに、いくら願ってもうまくいかない人がいるのは、どうして
でしょう。


それは、通常の人間の思考というものが散漫で、一つの願いに徹する
ことができていないからです。

何かを願えば、それを否定したり疑ったりする思考が生まれ、また同時に、
あっちも欲しい、こっちも捨てがたいと言った具合に、心の中で引っ張り
あいが起きています。


実はこれこそがマインドの習性で、決してひとつのことだけを願い続ける
ことができないのです。


そこで、マインドを超えるくらいの信念が必要となります。

欲しい一つのものために、あらゆる代償を支払ってもいいくらいの、
強い覚悟です。

そのような思いを持った時、人は山をも動かす(聖書)のです。


さて、目覚めや悟りを求める人が増えていますが、本当に一心不乱に
それだけを求めているでしょうか。

安全な生活や、快適な暮らしや、愛する人間関係や、その他すべての
大切なものを失ったとしても、悟りたいでしょうか。


その大切なものの中には、自分自身も含まれています。

信用が地に落ち、人から嘲笑され、揶揄され、たった一人で飢えと
寒さの中で野垂れ死ぬかもしれません。

それでも悟りたいでしょうか。


信じた導師が「崖から飛び降りろ」と言われたら飛び降りる覚悟が
あるでしょうか。



いまとなっては滑稽なほどですが、当時の僕は、そこまでの気持ちを
持っていました。


完全に身を捨てていました。



昭和60年3月4日、その日は精神霊的な道を歩み始めた者たちと、
マンションの一室で車座になり、自分が体験したことや、宗教的
知識を披露しあっていました。


その集まりは、僕からすると、とても生ぬるいものでしたが、少し
でも学びになることがあればとの思いで足を運んでいました。


しかし結局は、欺瞞に満ちたその会をぶち壊したくなったことが、
次元の扉を開く瞬間に繋がりました。


「引き寄せの法則」と似ている原理なのかもしれません。

▲PageTop

いまここから・・・ 

スピリチュアル

探していたものが、こんなに近くにあったなんて。

近いどころか、全く距離がなかったなんて。


これは見つからないわけだ。

探求者の中に隠れていたなんて、神はかくれんぼの名人だ。



我に返った直後、笑いがこみあげてきました。

宇宙的冗談は、宇宙的な笑いを誘います。


あっはははは、あっはははは・・・


覚者の伝記に書かれていた笑いとは、このことだったのか。

こりゃ、確かに可笑しい。

誰もが真理のすぐ近くにいるのに、近すぎて見えないなんて。


見るためには、対象物との距離が必要ですが、距離がなければ
見ることは不可能です。

それは発見することではなく、体験することだったのです。


遅かれ早かれ、誰もが真理に目覚めることになります。

それが地球の計画であり、人類の宿命だと感じました。

すべてはすでに決定されていて、この計画に失敗はなく、完全に
大丈夫だという確信を得ました。


それぞれの人生は、偶発的に起きているのではなく、大いなる気づきに
向って粛々と展開しています。

しかも今回の人生だけではなく、無数の生死を繰り返しながら、意識の
最終段階に向かっているのです。


人によってその道のりは違い、人によって目覚めの香りも違います。

誰一人心配する必要はありません。

だって、いまやっていることが何であれ、それが天命だからです。



宇宙の仕組みの複雑なところは、すべてが決められているとはいえ、
個々それぞれに自由意思が与えられていることです。

一見矛盾するように見えますが、この両方が同時に起きています。

人間にできることは、何が決められているかを知ることではなく、
自由意思をぞんぶんに使って、人生を創造していくことです。



どうせ生きるなら、多くの人に目覚めのきっかけを与えていきたい。

何が真実なのかを伝えていきたい。

そんなふうに思うようになっていました。


それは僕の意思であり、同時に、定められた計画なのだと直感しました。



さてこのとき、僕の中から幻想が消え、無数の変化が起きていましたが、
亡き父への思いもその一つでした。

子供という立場から見て、どこか物足りないところもありましたが、
彼は僕の父親である前に、ひとりの人間として、彼の人生を完璧に
生き切ったのです。

父親なんだから、こうあってほしかったというこだわりは消えて
いました。

初めて父を、誰でもない一人の人間として、ありのままに感じて
あげることができていました。


その時、父が成仏し、供養されました。

それは僕の意識の中で起きました。

すべての人は、自分の外側に存在していたのではなく、内側に作り出して
いたイメージだったのです。

供養とは行為ではなく、愛と理解による自らの癒しなのだと知りました。



一夜にして何度も生まれ変わり、まったく新しくなった自分を感じて
いました。

しかし、ひとつの旅が終わった後も人生は続いていくことになり、そこ
にはまだたくさんの困難が待ち受けているなどとは、思いもしませんでした。

新しい自分を生きだすのは、まるで赤ん坊がヨチヨチ歩きを始めるような
ものです。

そんなとき自分の周りに、精神のマスターや、同じ経験をした先輩でもいて
くれたらよかったのですが、当時はこのような情報さえ皆無に近く、まさに
手さぐりで生きなければなりませんでした。


旧来の価値観にどっぷりと嵌った社会の中で生きるのは、想像以上に大変な
ことでした。

しかも、真理の一瞥を得たとはいえ、若さゆえの未熟さがたくさん残って
いたのですから。


あっははははって笑うのが目標です

▲PageTop

なでしこジャパンは強い! 

日記

寝ている間に勝利していました

今回は危ないシーンはあったものの、1点差を守りきりフランスに

屈辱を果したのでした。。。

次はいよいよワールドカップの再現

これでまた金メダルをとれたら、真の王者ですよね

頑張れ~日本

▲PageTop

目覚め 

スピリチュアル

いまここから・・・

目覚めなどと言うと、ずいぶんたいしたことに聞こえますが、たいしたこと
でもあり、たいしたことじゃありません。

誰もが目覚めのすぐそばにいて、すぐそばすぎて見失ってしまった、存在の
実相との出会いです。


「だったら目覚めても目覚めなくても、どっちだっていいんじゃない?」

と尋ねた人がいました。

そうかもしれません。


でもね、どっちだっていいって本当に判るのは、目覚めた後です。

だって目覚めていないとしたら、目覚めても同じだって判るはずが
ないですものね。


実際は同じじゃありません。

思い込みによって生じた苦悩がなくなっていきます。

余計なお世話かもしれませんが、できたらみんなが真実に目覚めれば
いいなと思っています。

そうすれば、争いもなくなるし、みんなで楽しく世界を創造していける
からです。


僕に起きたことは、だれにでも起きることです。

それを知っているから、伝えずにはいられません。

これからも、僕たちが同じ一つのものだということを、繰り返し伝え
続けていくと思います。


いま、名古屋に向かう新幹線の中です。

理解を共にする仲間、黒斎君とのコラボ講演会があります。

昨日の横浜も楽しかったです。

耳を傾けて聞いてくれる人がいるのは、なんて幸せなことでしょう。

あなたの人生に、ほんのわずかでも貢献できたとしたら本望です。


放浪記は目覚め前夜に差しかかりました。

昭和60年3月4日は、僕の中で古きが死に、全く新しい何か生まれた
記念日です。


今日があなたの記念日になるかもしれませんよ。

だってそれは、いつも「いま」起こるのですから。


ひょっとしたら、あなたももう目覚めているのかもしれませんよ

▲PageTop

息もできない夏 

ドラマ

武井咲主演のドラマです

もし、何らかの事情で自分に戸籍がなかったとしたら

どんな不利益が生じるでしょう

病院での治療が全額自己負担になってしまう・・・

パスポートとかがつくれないから、海外に行けない・・・

などなど、恵まれている自分らからすれば考えもつかないですよね。

ほんとに自分達は幸せなんだと思います。

そんなところに幸せを見つけていく・・・

それが幸せであり続ける極意なのかもしれません

▲PageTop

サッカー男子も4強! 

日記

男子もやりましたね~

昨日は最初から見ていて、永井が飛び出した時思わず「おっ」と
叫んでしまいました

入ると確信しました。

今回のメンバーの動きがいいですね

ワールドカップもこのメンバーで戦ったらどうかって思いました~

2点目、3点目もとれたのが大きかったですよね

なんかこのメンバーならメダルとれそうな予感がします

頑張れ~日本

▲PageTop

なでしこジャパン4強! 

日記

知らない間になでしこがまた勝利していました

オリンピックといっても、水泳だの体操だのはあまり興味ないのですが、

サッカーなどはワールドカップ同様結構見たりします

それにしても、さすがにワールドカップ覇者ですね。

試合はあと二つ。

次のフランスにも勝って、最終的に金メダルとってほしいですね

おっと、今晩は男子のエジプト戦だった。

早く帰って見なきゃ

▲PageTop

前月     2012年08月       翌月

Menu

プロフィール

チャーリーぶろぐん

Author:チャーリーぶろぐん
チャーリーぶろぐんへようこそ!
いろいろな話題を提供していき
ます。来るべきアセンションに
向けてその一助になれればと
思いブログをたちあげました。
ごゆっくりどうぞ!

四柱推命で鑑定します!

最新記事

My Book!

新しい出会いなら!

PCMAX

ドメイン取得なら!

クリエーター募集!

結婚をお考えなら!

性格分析
リンク先:AIPC分析

Mr.Childrenコーナー

ももくろコーナー

AKBコーナー

おすすめの本

かわいいポーチはいかがですか?

ブログはじめませんか?

保険料がお安く!!

ファイナンシャルプランナー無料相談

きれいな肌を保つ

雑誌をお探しなら

楽器をお探しなら

楽天コーナー

ニキビを防ぎます!

お肌がピンチな方へ

美しくなりたい!

TSUTAYAコーナー

宅配レンタル

FC2ランキング

ポチっとお願いします!

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

Twitter

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム